PENTAX 2nd

suttokookd.exblog.jp

smc PENTAX-DA☆ 55mmF1.4 SDM あれこれ

最近装着率No1の smc PENTAX-DA☆ 55mmF1.4 SDM
評判通りの素晴らしい解像度で、フィルムやオールドレンズの甘さを好んでいた自分にとっては衝撃的でもありました。
しばらく使ってみて、色々感じたことや分かったこと。

・ピントが合った時の解像度が素晴らしい
加えてコントラストや色のりもよく、綺麗なボケの中に被写体が浮かび上がるよう。

・ピント合わせはかなりシビア
合う時はスッと合うが、後に画面で確認してがっかりすることも多々。クイックシフトフォーカスが使えるのでその辺は慣れで補う。
追記:後日AFバラつき調整に出したら改善された。

・開放だと被写界深度(ピントが合ってように見える範囲)が浅い
50mmF1.2~1.4 を好んで使ってきた自分にはさほど気にならない。必要な時は絞ってカバー。
f4.0からのばっちり解像が好み。

・AF音は超音波モーターのお陰で静か。AF速度は遅い方(k-5と組み合わせ)
スーッとピントを追っていく感じ。俊敏ではない。
追記:やっぱり遅い。これがなければもっと評価が上がる。

・防塵防滴の安心感
環境を気にせずに持って歩けるのがフィールドカメラの強み!k-5との組み合わせだと細かいこと気にせずに済みます。雨の中、雪の中、余計な心配をせずにショット数を増やせるので結果ベストショットにも当たりやすくなるかと。

・パープルフリンジがちょっと気になる
輝度差が激しい部分には結構目につくパープルフリンジが発生する。結構悩ましい。

クセもあるけど、ここぞという時に頼りにする、解像度番長の良レンズです。
[PR]
by Suttoko_Photo | 2012-09-01 22:28 | レンズのこと